第一話 はじまり

会社へ出勤する前に、いつものカフェに立ち寄った。

路地の隙間にひっそりと隠れるようにあるお店で、誰にも見つけてほしく無いかのような佇まいだが、小さな看板が歩道に“遠慮がち”に置いてある。
その店には大きなゴールデンレトリバーがいて、彼の仕事と言えば一日中寝ていることぐらいだ。あまりにも動かないので本当の置物かと思った程だ。
店員は特に愛想がいいわけでもない。が、1人の世界に浸りたい私にはかえってそれぐらいが丁度いい。時折ここで、残った仕事の片付けもしたりする。
そして私は決まって、カプチーノを頼む。

今日もいつものようにパソコンと手帳を広げ、定位置でカプチーノを飲んでいた。
すると1人の男性が私の前の席に座った。

見慣れない顔だ。
小さいお店だし、いつもこの時間帯にくる常連の顔は記憶しているつもりだが。。

彼は急に私に話しかけてきた。

「あの、いきなりすいません。
ひとつお願いごとがあるのですが?」

私は驚いたように顔を向けた。
戸惑う私をよそに彼は続けた。

「今日私はある女性とこの場所、この席で11時に待ち合わせをしています。
しかし、クライアントからの急の呼び出しですぐにここを離れなければなりません。
彼女に連絡を取ろうとしても携帯もメールも知らないため連絡がとれないんです。
もし彼女が声をかけてきたら私のこの番号に連絡をしてほしいと伝えてもらえませんか?」

「連絡先も知らない女性と待ち合わせ?
それをまた見ず知らずの私がなんで?」

「すいません時間がないんです。
無理を承知でお願いしています。ただ番号を渡すだけで良いので」

「いや、、」

「申し訳ありません。ご迷惑をおかけします。宜しくお願いします。」

断る間も与えず彼はそのまま店を飛び出していった。
テーブルには殴り書きされた番号の紙切れが無造作に置かれていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です